なんとかなる。なんて、今は言えない。

 

朝から雨が降っていた。

ただでさえ、陰気な病室の雰囲気をより重くさせる。

DSC_0203

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めるとまず採血。その後も、採血。

気づけば、僕の右腕は穴だらけだ。

 

呼吸器内科の診察では、血中の二酸化炭素濃度が高いことを指摘された。

胸骨の変形によって、炭酸ガスの交換がうまくできない身体らしい。

入院期間中に突きつけられる、自分の知らない新しいなにかは、

毎度のことながら、ネガティブなことばかりだ。

 

教授回診は、白い巨塔を彷彿させる厳かなものだった。

30秒くらいで患者が入れ替わり立ち代わる。

こんな儀礼的なもので、なにがわかるんだと言いたかった。

 

洗濯をしたり、お風呂に入ったりもしたけど、

血圧の低下から少しの動作で気分が悪くなる。

精神的な部分も大きいのだと思う。

 

19時からようやく手術説明を受けた。

術後のリスクを次から次へと矢継ぎ早に並べられ、

今日まで十分に膨らんでいた取り留めの無い不安は、

すっかり肥大化して、自分の思考を止めた。

 

いつもの手術ならこんなにも不安にならなかっただろう。

先の見えない不安が、弱った自分を押しつぶそうとしている。

僕はどちらかと言うと、臆病者だ。度胸なんてない。

 

 

生きていたら、目の前には不安なことばっかりが広がっている。

メールや書類の誤字脱字、エレベーターの有無、大きな仕事の納期。

ビビリだから、いつもちゃんと準備をして、最善をつくす。

不安の対象となる多くのことは、自分の力で変えられる可能性がある。

 

でも、手術は、自分ではどうにもならない。

 

いつも大きな不安を前にすると、「なるようにしかならない」、

「なんとかなる」とか、そんな楽観的なことを言ってきた。

今は、口が裂けてもこんなこと言えない。

 

楽観的に考えたり、そういった発言ができるのは、

なんらかの裏付けや確固たる自信があるときだけだと思う。

もしくは、どうでもいい、投げやりになっている時だ。

 

今回は自信も確証もない。もちろん投げやりにもなれない。

こういう時は、祈るしかないのかな。

 

ただひとつだけ、今日をポジティブに捉えることができる。

こういう夜を超えて、成長してきた。強くなった。

また「なんとかなる」と言える日が必ずくる。


垣内俊哉の初著書、好評発売中!
4,000万人の市場を生んだ反転戦略とは?

「バリアバリュー」

Amazonで購入する

オーディオブックを購入する

垣内俊哉の初著書 バリアバリュー
Share on LinkedIn
[`evernote` not found]
LINEで送る