「いつものいつも」を生きて、4日経つ

6月8日(土)、いつもと同じ病室にいた。

 

いつもと同じように、朝7時に目が覚めて、

いつもと同じように、体重を測りに廊下へ出た。

いつもと違って、お風呂の予約をする必要がないから、

いつもと違うことに、なんだか少しそわそわした。

 

いつもと同じように、貧血防止のドリンクを飲んで、

いつもと同じように、朝ごはんを食べて、

いつもと同じように、金先生が迎えに来た。

 

いつもと同じように、「コンコン」とドアをノックする音がして、

いつもと同じように、「垣内さんいらっしゃいますかー?」の声。

今日で最後かと思うと、少し寂しい気持ちになった。

 

いつもだったら、処置が終って、12時には昼ご飯を食べて、

17時半にはお風呂に入って、18時過ぎに晩ご飯を食べて、

19時半からパソコンをして、22時か23時くらいに寝る。

おおまかに言ってしまえば、こんな毎日を過ごしていた。

そして、そんな僕にとっての「いつも」は終わった。

DSC_0294

荷物を病棟から運び出し、駐車場に行くとなぜかスタッフがいた。

パートナー企業の金子さんもいて、思わず大きな声が出た。

東京から始発で来てくれたらしく、グッと込み上げるものがあった。

僕が入院していた病院に、クラッカーの使用について確認を取るなど、

周到な準備を重ねたサプライズ作戦だったそうだ(笑)

DSC_0296 DSC_0299

 

 

 

 

 

 

47日間の入院生活は、いろいろあったけど、ゆったりと流れた。

不毛な一日もあったし、いろんなことを思い、考える時間もあった。

今日まで生きてきた8,825日の内、この時間は1%にも満たないけど、

これからの人生において、計り知れない価値のある時間だったと思う。

 

そして、今日、退院して4日が経つ。

病院と比べると、一日が走るように過ぎ去っていく。

入院期間中に、体重も体力も驚くほど落ちたし、

まだ万全の体調とはいえないから、外の生活は正直辛い。

車いすに乗っているだけで疲れるし、気温差はこたえる。

 

でも、これは病室のベッドで望んだ、僕の「いつものいつも」だ。

車いすに乗りたくて仕方なかったし、早く外に出たかった。

生死の境を乗り越えて、今、僕は「いつものいつも」を生きている。

そう思うと、熱いのも、疲れるのも、ほどほどに心地よかったりする。


垣内俊哉の初著書、好評発売中!
4,000万人の市場を生んだ反転戦略とは?

「バリアバリュー」

Amazonで購入する

オーディオブックを購入する

垣内俊哉の初著書 バリアバリュー
Share on LinkedIn
[`evernote` not found]
LINEで送る