足で歩けない人生について

幼稚園の頃、川柳を書くという課題があった。
一句だけ、今でも記憶に残っているものがある。

「歩きたい いつかみんなと 走りたい」

これを久しぶりに思い出した時、ハッとした。涙が出た。

今でも自転車に乗りたいと思うことがある。
やっぱり、歩きたいという思いは変わらない。

昔は、手を繋いで彼女と歩きたいとか、
足で歩くことに、いろんな思いを馳せていた。

そんな思いを僕は、一枚一枚剥がしてきたように思う。
車いすをこぎながら彼女と手を繋いでいた高校時代のこととか、
車いすの生活で起きたいろんな出来事や、そこから得た自信とか。

それでも「歩けなくていい」とか、「車いすだから幸せ」とか、
僕はこれからも言えないし、言わないと思う。

今日も昔も抱いてきた「歩きたい」という思いを大切にしながら、
“足で歩けない”人生に、誇りを持てるように生きていきたい。

Kakiuchi (2)

 

 

 

 

 

 

 

 


垣内俊哉の初著書、好評発売中!
4,000万人の市場を生んだ反転戦略とは?

「バリアバリュー」

Amazonで購入する

オーディオブックを購入する

垣内俊哉の初著書 バリアバリュー
Share on LinkedIn
[`evernote` not found]
LINEで送る